TEL 0467-95-3540
TEL 087-868-9284
info@beeguild.jp
 
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3
 
 
 ライブハウス
 
【ライブハウス設計】2016年6月オープン
喜納昌吉の妹、喜納啓子Ohanaのライブハウス3Fを担当させて頂きました。沖縄民謡は、12音階では表せない微分音(びぶおん)が独特の雰囲気を醸し出しています。啓子さんの三線の弾き語りと息子のエディの早弾き、昌代とステファニーの唄と三板は見応えがあります。料理も美味しいとマジ評判いいですから是非、行ってみてくださいね。http://www.keiko-kina.com/
 アンビソニックスVRマイク〜VR制作

2017.6 残したい伝統の響き 思い出の残るコンテンツを目指して V 江ノ電 視聴
電車が左から右へと移動するのがよくわかります。Surround zone2のパンニングだけで、このようになります。レトロな踏み切りの警告音と警笛がいい味しています。定位を聴き比べてみてください。
   
電車が前から右側を通り、後ろへ移動しています。警笛が向いた方向であるセンターに位置しており、電車が迫ってきます。他のファイルと聴き比べて頂と向いた方向の音量が大きく聴こえます。
   
電車が後ろから左側を通り、前へ通り抜けるように聴こえます。後ろから迫ってくる感じがすると言われますが、個人差があるようです。Surround zone2を時計の針の4時に振っています。この方向に顔を向けたということです。
   
 

2017.6 残したい伝統の響き 子供たちの思い出の残るコンテンツを目指して V
 
鎌倉彫 鎌倉彫会館
 
アンビソニックスの360°球面録音で伝統工芸の響きを録音。4月に笙と鎌倉彫の音でコンサートを行ったそうで「彫る音と笙が合うとは」と館長さんも驚いていました。
 
城ヶ島 三浦半島
 
音もカメラと同じように構図があります。この音は左にとか、遠近感を出すために動くものを斜めに移動するようとらえるとか組み合わせは様々です。
↑_西村博士の立体音響技術(文献)より。
2017.5 ふだん見れない聴けない動物たち 子供たちの思い出の残るコンテンツを目指して U
 
アンビソニックスVRマイク
 
アンビソニックスの球面録音と再生スピーカーの角度チェック。5.1chのスピーカー配列ではサイドが穴となる。ヘッドフォンで聴くためのバイノーラルへの音場調整は、下図を意識して指向性と絞り角度を調整。
 
丸山島 浦島神社
 
球面で音を拾うための構図とは?バランスと定位がステレオとは大きく異なるため余計な音をカット。VR録音の複合ミックスで遠近感を演出をするマイキングでナチュラルな感じになった。

2017.5 ふだん見れない聴けない動物たち 子供たちの思い出の残るコンテンツを目指して T
 
ゼンハイザー アンビソニックスVRマイク
 
360° 球面状に録音できるアンビソニックスVRマイクです。デモ機をお借りしました。サラウンドマイクとは異なる感触です。様々な角度を検証しています。
 
国営まんのう公園
 
「心に響く癒しの風景」から1年経ちました。本来は自然と直接ふれあう場ですが、なかなか見れない聴けないコンテンツも大切。遊び心を駆使して制作中。。
より臨場感をつけ、遠近感をつけるにはVRマイクをベースとした多チャンネル/パンニングのフォローが必要ですね。バイノーラルによる奥行きの弱さを補うのにSpatは最適だと思うので試してみます。


 5.1chDVDコンテンツ
 
展示コンテンツ「 心に響く癒しの風景」5.1ch サラウンド
国営まんのう公園にある自然形態園の展示用DVDを1年間録音してDVD化。日本の音風景のスケッチを担当の方がご覧になったようで依頼を受けました。展示室にあった7.1chのホームシアターに合わせています。

【主催】日経新聞社【場所】幕張メッセ ”メディアワーフ” マルチメディア博覧会
1997.11  サウンド・ソリューション プロデュース/制作/オペレーション
幕張メッセでDVDが完成するまでの過程を各メーカーがデモストレーションを行う。最終仕上げMA(マルチオーディオ)を5.1chで制作。ベッセルおおち大ホールで編集。JBL、タスカム、ヤマハの協力を得て仮設スタジオを設計設営、オペレーションまで担当。

 
 楽曲制作
 
ミュージック スケッチ
その地域にある音を楽器として取り入れています。空間処理にそこの空間を使う。また、雪玉がぶつかる音を歪ませてスネアの裏打ちを印象づけて地域奨励。
三街一神 テンガイオー 音響効果
衰退の危機に瀕していた。地域の荒廃を憂い、活性化を願って制作された香川県高松市の御当地アニメヒーロー、堂々のオープニングアニメーション!。
熱海 バス停 時報 作曲
熱海のバス停の近にあるブラックモニュメントに音楽をつけるという依頼で制作したものです。SoundCloudで流していると、外国の方からの人気が高いので紹介しますね。
自然音で作った音楽 作曲
アンビエントミュージック 「和み」がテーマです。 1.Earth(球) 2.Sskura(和み) 3.SeaTurtle(ウミガメを送った日)が続けて記録されています。
Shikoku island 元気にな〜れ4
煌く瞬間は、写真だけでなく音の世界も同じ。年に一度あるか無いかという音を収録しました。室内の空調、冷蔵庫などのノイズを消して聴くと違う世界があります。
熱海 バス停 時報 作曲
熱海のバス停の近にあるブラックモニュメントに音楽をつけるという依頼で制作したものです。今はもうないようです。
 
 
お気軽にお問い合わせください。

【総合】ラヴィメディアグループ
【開発部門】合同会社ビーギルド
【音響部門】ビーギルドミュージック
〒247-0051 神奈川県鎌倉市岩瀬1丁目32-2 204号
TEL 0467-95-3540
info@l-m-g.biz
〒761-8062 香川県高松市室新町1053-7 404号
TEL 087-868-9284
beeguild@gmail.com
〒778-0204 徳島県三好市東祖谷京上141 はごろも
 
 


【お問い合わせ時間】12時〜18時 土日・祭日はイベント現場に出ております。
 

Copyright BEE GUILD ,LLC