第二回サマースクール98(香川県大内町主催)は、
魅力的な話題を共有した仲間たちが、定期的に集い、意見交換を行い、
その流れの輪を様々な地域や他国へと広げてゆき、将来の地域振興や
交流発信拠点の創造に発展させていくことをねらいとして、開催されました。







 




 7/17(金)

 10:20 開会セレモニー
 10:30 講演(EDネット)
     「スカイウォーカー・ランチ・ツアー」
     「ルーカス・フィルムのサウンドとCG Part1」
 12:00 昼食 休憩
 13:30 「ルーカスフィルムのサウンドとCG Part2」
     「アメリカにおけr映画制作」
      Q&A
 15:20 休憩
 15:30 「タイタニック」上映
 18:30 デッキ・パーティー
     「シーフード・バーベキュー」
      ゲストとにフリートーク
 20:50 終了



 7/18(土)

 10:30 スタジオ・ジブリ
      メイキングもののけ姫Part1
 11:30 昼食 休憩
 13:30 ワーナー・ブラザースの
     「バーチャル・クラス」紹介
     「日米の映画制作について」
      Q&A
 15:00 休憩
 15:10 「もののけ姫」上映
 17:25 閉会セレモニー
 17:30 終了



 7/19(日)

 10:30 主催者挨拶及ゲスト紹介
 10:45 講演 Q&A
 12:00 昼食 休憩
 13:30 講演 Q&A
 14:20 休憩
 14:30 「タイタニック」上映
 18:15 閉会挨拶及びサイン会
 18:45 終了



  

  

  

  

  



  場所 香川県大川郡大内町
  ベッセルおおち大ホール!

  日時 98年7/17〜20日

  上映予定作品 「タイタニック」
  「もののけ姫」「アビス」

  ゲスト
  スカイウォーカー・サウンド/Randy Thom(ランディー・トム氏)
  ILM/Stefen Fangmeier(ステファン・ファングマイヤー氏)
  EDnet/Tom Scott(トム・スコット氏)
  NPR/Davia Nelson(デイヴィア・ネルソン女史)
  東京テレビセンター/井上秀司氏
  スタジオジブリ/高橋望氏

  17日は
  ED(エンターテーメント・デジタル)ネットを使用した
  トム・スコット副社長のデモが行われました。
  日本会場ベッセルおおち大ホールにあるベーターカムからの
  タイムコードがISDNを経由してサンフランシスコにある
  DA-88へと行きます。DA-88からはBGMやSEがISDNを経由して
  アメリカから太平洋を横断してベッセルホールに流れて来ます。
  会場内では約350インチ(横幅7m高さ5m)に映し出された
  アニメーションと音声がミックスされました。
  これは、タイタニックを制作する時にジェームス・キャメロン監督が
  使用した技術で監督は自宅に居ながらルーカスフルムからの5・1ch
  ミックスのサウンドチェックを行いました。
  EDネット社は、この技術をエンターテーメントだけでなく学習や
  医療に役立てると説明していました。
  ロスでは800ch近いデジタル放送が近未来にできるそうです。

  コッポラ監督のキャスティング・ディレクターの
  ディヴィア・ネルソン女史からは、遠隔学習の様子を収録した
  ビデオが映し出されました。
  これは、映画業界の門を叩くこれからの学生に対して、仕事が忙しく
  なかなか面倒を見る機会のない現役のクリエーターから指導を受けれる
  ようにISDNを利用して各大学を結び、同時に多くの学生に指導できるように
  作られたネットワーク・システムです。
  テレビモニターと音声で授業を受け、後程E-mailで論文を送るのです。

  ランディー・トム氏は、フォレスト・ガンプと
  コンタクトの映画フィルムをわざわざアメリカから
  手持ちで来日して頂けたのです。
  サウンドデザインのたいせつな心構えなど
  セリフやBGMが非常に音楽的にミックスされて
  とても良い、間(タイミング)で映画の完成度を
  トラック毎にソロで聞けました。その説明の後にファイナル
  ミックスへと移るのですが、繊細でいて大胆なサウンドメイキング
  でした。

  裏話では、
  今回のスタッフ協力は、なんと名のあるエンジニアさんや
  え〜!あの有名CMは、あなたが作ったのですか!
  という方々10名が東京からやって来ました。
  大内町の町を朝は、ILMのステファン夫妻が散歩してるは、夜な夜な
  アカデミー賞受賞者が吾割安のラーメン屋の前を散歩してるなんて
  とても信じられない光景が、目の前で起きました。







   プロのための専門誌
   PROSOUNDプロサウンド

   6月号でベッセルおおちの記事が
   掲載されています。


           


 ビーギルドミュージック  bgm@niji.or.jpまで!